便秘薬は癖にならないの?

便秘は治したいけど便秘薬の副作用が心配|癖にならないの?

どんな薬にも副作用はあります。便秘薬においては
癖になってしまい、手放せなくなってしまう危険性も
あります。なので、できれば便秘は薬に頼らず食事や
運動、マッサージなどで解消したほうが良いです。

 

 

ただし、お腹の張りや痔を無理して我慢するほうが
薬を飲むよりも体に悪いこともあります。そんなときは、
副作用が少なく、癖にもなりにくい便秘薬によって
症状を抑えながら、便秘対策を行ってください。

 

 

副作用が少なく、癖にもなりにくい便秘薬

大腸刺激性下剤
便秘薬には色々な種類がありますが、一般的に
売られている便秘薬(ピンクの小粒など)はこの
タイプの下剤です。

 

 

このタイプの薬は、大腸を刺激するアロエ、センナ、
大黄が成分として使われています。即効性があり、
効果も強いので緊急用に短期使うのは良いですが、
長期使うことは避けてください。

 

 

長期使っていると、体が慣れて、効果が低下します。
便が出ないので、薬の量を増やしてしまい、最後は
薬がないと便が出ない大腸になり、下剤依存症と
なってしまいます。

 

 

塩類下剤
便は大腸によって水分を吸収されます。塩類下剤は、
大腸が吸収する便の水分量を抑えることで、便を
柔らかくします。即効性は無いですが、体への負担が
少なく、癖にもなりにくいのでお勧めの薬です。

 

 

塩類下剤で代表的なものは酸化マグネシウムです。
製品はミルマグ、マグミットなどがあります。妊婦さんや
子供にも処方される、とても体に優しい便秘薬です。

 

 

漢方薬
漢方薬の中にも便秘薬はあります。麻子仁丸(
ましにんがん)や防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
です。漢方薬の成分には大黄、センナなどが含まれて
いますが、その量はわずかなので副作用が少ない
薬です。

 

 

どうしても辛いときは、大腸刺激性下剤を使用して、
溜まったものを出しましょう。それ以外のときは、
塩類下剤や漢方薬に頼りながら、食生活の改善、
運動などを行い便秘を改善してください。