毎日便を出してスッキリするには

毎日便を出してスッキリしたい|お通じをスムーズにする方法

お通じが悪くなってしまう理由は大きく2つあります。
まず1つが便に含まれる水分が少なくなり、硬く
なってしまうため。もう1つは、大腸の動きが鈍く
なってしまうことです。

 

 

口から入った食べ物は胃や小腸を通り、大腸に
送られます。大腸に入った食べ物は、大腸の
ぜん動運動により移動しながら、水分の吸収
腸内細菌による発酵、腐敗を経て便になって
肛門から排泄されます。

 

 

便に含まれる水分を多くして柔らかく保つ
大腸によって吸収される水分量が普通であれば
便は硬くなりません。しかし、体内の水分量が
減っていると、便から少しでも多くの水分を吸収
しようと大腸が働いてしまいます。

 

 

そのため、水分をしっかり取ることが必要です。
目安は1日1.5リットルです。喉が渇いてから
では無く、こまめに水分を取るようにしてください。
また、食物繊維も必要です。

 

 

食物繊維には水分を吸収する作用があるため、
便を柔らかく保つことが出来ます。特にその効果が
高いのが海草や果物に含まれる食物繊維です。
水に溶けてゼリー状になり、便を柔らかく、そして
すべりの良い便にしてくれます。。

 

 

大腸の動きを活発にする
大腸の動きが鈍くなると、大腸の中に入っている
排泄物がなかなか肛門に運ばれません。そのため
お通が悪くなってしまいます。

 

 

また、排泄までの時間が長くなると、必要以上に
大腸により水分が吸収されてしまい便が硬く
なってしまいます。

 

 

大腸の動きを活発にするためには、まずは運動が
必要です。運動により大腸が刺激されて動きが
活発になります。、さらに排便に必要なお腹周りの
筋肉も鍛えられます。

 

 

お腹周りのマッサージも効果的です。へそを中心に
「の」の字を描くように、手のひらでさすって下さい。
大腸を刺激することができます。

 

 

また、大腸内に住んでいる善玉菌を増やすことも
重要です。善玉菌が元気になると、腸内環境が整い、
大腸の動きが活発になります。善玉菌を増やすために
有効なのがオリゴ糖です。

 

 

オリゴ糖は善玉菌の栄養素なので、善玉菌を増やす
ことが出来ます。オリゴ糖は、体内に吸収されにくい
性質があるため、カロリーはほとんど無く、血糖値も
ほとんど上がりません。

 

 

オリゴ糖は、バナナや玉ねぎ、牛乳、とうもろこしなどに
含まれていますが、その量はわずかです。なので、十分な
量を取るのはなかなか難しいです。そのため、最近は
色々なオリゴ糖製品が売られているので、それらを利用
するのが便利です。