タバコを止めたら便秘になった 

タバコを止めてから便通が悪くなった|スッキリ出来ない

たばこを止めると便秘になってしまったと言う人はたくさん
います。タバコに含まれるニコチンには、腸を刺激する
作用があるため、タバコを吸うと便通が良くなることが
あります。

 

 

禁煙をするとこの効果がなくなるため、便秘になってしまう
ことがあります。正確には、タバコを止めることで持っていた
便秘が表に出てきたと言うことになります。なので、禁煙に
よって便秘になってしまったら、禁煙を止めるのではなく、
便秘対策を行うことが必要です。

 

 

便秘が辛いから、またタバコを吸うなんて本末転倒な
ことにならないように気をつけてください。

 

 

便秘を解消するために必要なこと

便秘を解消するためには、必要なポイントがいくつかあります。
ポイント1 水分をたくさん取る
水分不足になると、便に含まれる水分も吸収しようと体が
動きます。すると、便は硬くなるため便通が悪くなります。
水分不足を防ぐためには、1日1.5リットルくらいの水分を
取る必要があります。

 

 

水分は、お茶やコーヒー、アルコールではなく水や麦茶など
ノンカフェインの飲み物から取ってください。カフェインや
アルコールには利尿作用があるため、水分がどんどん排泄
されてしまいます。

 

 

A食物繊維
食物繊維は、便のカサを増やし、腸を刺激する働きが
あります。

 

 

 

便に含まれる水分量を
増やす効
果があります。食物繊維は、野菜ばかりではなく、
海藻類や果物からも取って下さい。野菜ばかりでは、便が
硬くなってしまいます。

 

 

Bオリーブオイル
オリーブオイルに含まれるオレイン酸という酸が小腸を刺激
して、排便をスムーズにしてくれます。お勧めは、朝食に
パンにオリーブオイルをつけて食べることです。

 

 

Cオリゴ糖
オリゴ糖は、腸に住んでいる善玉菌の大好物です。
折と糖を食べた善玉菌は元気になり、腸内環境が整い
排便がスムーズになります。