臭いおならがたくさん出て辛い

臭いおならがたくさん出る|仕事中に我慢するのが辛い

オナラを我慢するのは、体に良くありません。大腸内で
発生したガスが、腸の壁を通じて血液に入り込み
血液が汚れます。汚れた血液によって、体調不良や
吹き出物、体臭の原因にもなってしまいます。

 

 

ガスは、定期的にトイレなどに行って出してください。
でも、オナラは出ますが、臭いオナラのたくさん出て
しまうのには原因があり、対策をすればある程度
減らすことが出来ます。

 

 

臭いおならを減らす方法

オナラは、食べ物が腸内で発酵、腐敗したときに
発生したガスです。なので、食べ物に気をつけたり、
腸内環境を整えることで臭いオナラを抑えることが
出来ます。

 

 

まずは食べ物。においの強い食べ物は、作られる
おならも臭いです。ニンニク、にら、ねぎなどを控え
ましょう。また肉など動物性たんぱく質からは、
食べ物が腐敗したような臭いのガスが作られます。

 

 

これらの食べ物を減らすことを心がけてください。
ちなみに、オナラが出やすくなるイモ類や豆類ですが
オナラの量は増えますが、それほど臭いおならには
なりません。

 

 

次に、腸内環境。腸内には腸内細菌がたくさん住んで
います。この腸内細菌が食べ物を発酵させて、必要な
栄養素を作り出します。このときにガスが作られる
のですが、善玉菌がそれほど臭いの無いガスを作り、
悪玉菌が腐敗臭のあるガスを作り出します。

 

 

つまり、腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが
臭いオナラを減らすことにつながります。そのために必要な
ポイントがいくつかあります。

 

1.十分な睡眠をとる
2.ストレスを溜め込まない
3.適度な運動
4.肉を食べ過ぎない。野菜をしっかり食べる。
5.オリゴ糖を取る

 

 

肉などの動物性たんぱく質は、悪玉菌のエサとなるので
悪玉菌が優勢な腸内環境を作ってしまいます。また、
オリゴ糖は、善玉菌のエサとなり、悪玉菌が優勢な
腸内環境を作ってくれます。

 

 

また、腸の中に便が溜まっている状態(便秘)も、オナラを
臭くする原因になります。腸内に長い間溜まった便は、
腐敗するため、大量に腐敗臭のガスが発生してしまいます。