野菜を食べても便秘が良くならない

野菜を多く食べているのに便秘が改善しない|正しい食物繊維の摂り方

便秘にはゴボウやキャベツなどに多く含まれる食物繊維が
欠かせないと言われます。食物繊維には大腸を刺激したり、
便のカサを増やしたり、便を柔らかくするなどの働きが
あるので、排便を促してくれます。

 

 

しかし、便秘と下痢を繰り返してしまうけいれん性便秘は
大腸が緊張し、痙攣している状態なので食物繊維を
摂るときには注意しなくてはいけません。

 

 

摂って良い食物繊維と摂ってはいけない食物繊維

食物繊維には、2種類あります。ゴボウやキャベツなどの
野菜に多く含まれる不溶性食物繊維と海草や果物などに
多く含まれる水溶性食物繊維です。

 

 

不溶性食物繊維は、水に溶けない性質があるため、便の
カサを増やしたり、大腸を刺激して動きを活発にします。
しかし、けいれん性便秘は大腸が痙攣しているので、大腸を
刺激する不溶性食物繊維はなるべく避けてください。

 

 

水溶性食物繊維は、水に溶けてゼリー状になる性質があるため、
便に含まれる水分量を増やして、柔らかくしてくれます。また、
腸を刺激しないので、けいれん性便秘改善には欠かせません。

 

 

水溶性食物繊維を多く含む食べ物

水溶性食物繊維を多く含む食べ物はワカメや昆布などの海草類、
オクラや納豆などのネバネバした食べ物、りんごなどの果物に
多く含まれています。