コーラックで便秘を解消できる?

コーラックの効果|初めて使うときに知っておくべきこと

便秘薬と言えば、多くの人がピンクの小粒コーラックを
思い出すのではないでしょうか。CMもやっていますし
薬局でも良く見かけますよね。試してみたいけど、
副作用が気になると言う人も多いです。

 

 

コーラックは大腸を刺激して、大腸のぜん動運動を
活発にして、便秘を解消する大腸刺激性下剤
です。このタイプの下剤は、即効性があり、効果も
強いのですが、副作用も強く出てしまいます。

 

 

コーラックを飲んだら、腹痛と吐き気で大変なことに
なったと言う人も見かけます。また、このタイプの
下剤を使い続けると、体が慣れ始め、服用量を
増やさないと、効果が出なくなります。

 

 

そして、服用量がどんどん増えて、依存症になって
しまう人もいます。コーラックのホームページにも
出ないときだけ飲む、長期間のみ続けなければ
クセにならないと書いてあります。

 

 

大腸刺激タイプの下剤はなるべく避けてもらい
ですが、どうしても我慢できないだけにしてください。
注意点は服用量を守ること、そして、牛乳と一緒に
飲まないことです。

 

 

コーラックの主成分は、、ビサコジルです。この成分は
粘膜を強く刺激する作用があります。コーラックは
この成分を5層のコーティングで包むことで、酸性の
胃では溶けずに、大腸で溶けるようになっています。

 

 

しかし、牛乳を飲むと、胃の中が中和されてしまい
中性になり、薬の成分が溶け出してしまいます。
すると、胃痛や吐き気などの副作用が出てしまう
ことがあります。

 

 

コーラックを使うときには、効果だけではなく、副作用も
気にかけて、注意しながら使ってください。