便が出そうで出ないときは

便が出そうでなかなか出ない|出ても少量のコロコロ便だけ

コロコロ便が出てしまう原因は、ストレスが考えられます。
腸は、手や足のように私達が意識しなくても動いています。
これは、自律神経という神経がコントロールしているからです。
ただ、ストレスにより自律神経の動きが狂ってしまうことが
あります。

 

 

男性は、人間関係や仕事の締め切り、突然のプレゼン、
転勤による環境の変化などたくさんのストレスを受けています。
このストレスにより自律神経が狂ってしまうことが多々あります。

 

 

自律神経が狂うとコントロールされている腸の動きも狂います。
動いて欲しいときに動かず、逆に動きすぎてしまったり。
腸が動かないと腸内に溜まった食べ物のカスは、なかなか
排泄されません。

 

 

すると、水分がどんどんなくなり、カチカチになり、さらに
ボロボロと崩れてしまい、コロコロ便となります。

 

 

このような便秘は、ストレスが解消できれば、すぐに良く
なります。消化の良いものを食べて、できるだけ睡眠を
取って、リラックスすることを心がけて過ごしてください。

 

 

ただし、常にストレスがかかり続けてしまう状況になって
しまうこともあると思います。そんなときは、食生活にも
気をつけ、さらに腸内環境を改善する必要があります。

 

 

食生活では、、肉など消化の悪いものや香辛料、
アルコールなど刺激物を避けてください。また、意外と
間違ってしまうのが、食物繊維の取り方です。便秘には
食物繊維が良いからと言って、生野菜をたくさん食べて
しまう人も多いと思います。

 

 

しかし、生野菜などで取れる食物繊維は、水に溶けず
硬いので腸を刺激してしまいます。そのため、余計に腸の
動きを悪くさせてしまうことがあります。食物繊維は
生野菜ではなく、煮物や海藻類や豆類などから
取ることが重要です。

 

 

海藻類や豆類に含まれている食物繊維は、野菜に
含まれる食物繊維と違います。水に溶けてゼリー状に
なるので、腸を刺激せず便に含まれる水分量を増やす
ことが出来ます。

 

 

また、コロコロ便が出てしまう状態が長く続くと、腸内
環境は悪化している可能性があります。腸内には
悪玉菌が増殖し、善玉菌が減少しているため、腸の
動きは悪くなっています。

 

 

善玉菌を増やすと、腸内環境は整い、腸の動きを
正常に近づけることが出来ます。善玉菌を増やすため
には、善玉菌の栄養素をたくさん取ることが必要です。
善玉菌の栄養素となるのは、最近注目されている
オリゴ糖です。

 

 

オリゴ糖は、牛乳やバナナ、玉ねぎ、とうもろこしなどに
含まれていますが、量はわずかです。なので、十分な量を
取るのはなかなか難しいです。手軽に取るには、オリゴ糖
製品を利用するのが便利です。

 

 

製品にもよりますが、スプーン1杯で1日に必要な量を
取ることができます。飲み物に入れたり、料理に使ったり
そのまま飲んでいる人もいるようです。