硬い便を柔らかくする方法

便が硬くて肛門が痛い|柔らかくして痔を防ぎましょう

硬い便は、肛門を通るときに傷をつけてしまうことが
あります。便が硬いままだと、傷が治りかけても
また傷をつけてしまうので、なかなか症状が改善
しません。

 

便を柔らかくするために必要なこと
しっかりと水分を飲む
体内の水分が不足していると、便に含まれる水分
までも体内に吸収しようとしてしまうため、便が硬く
なってしまいます。

 

 

目安は1日に1.5リットル程度です。コーヒーやお茶、
アルコールではなく、水やノンカフェインの飲みものから
摂取してください。カフェインやアルコールには利尿作用が
あるため、飲んでもどんどん排泄されてしまいます。

 

 

水溶性食物繊維
食物繊維には、お通じをスムーズにする働きがあります。
中でも、海藻類や果物などに多く含まれる水溶性
食物繊維には便を柔らかくする働きがあります。この
食物繊維は、水に溶けるとゼリー状になります。

 

 

ゼリー状になった食物繊維が便に含まれることで便の
保水性を高め、柔らかくしてくれます。また、便のすべりも
良くなるので、肛門への負担を減らすことが出来ます。

 

 

マグネシウム
ミネラルの1つマグネシウムも便を柔らかくする作用が
あります。マグネシウムを取ると、腸内に水分が
引き寄せられ、この水分によって便が柔らかくなります。
この作用を利用した酸化マグネシウムという便秘薬も
あります。

 

マグネシウムを多く含む食べ物は、インゲン豆やソラ豆
などの豆類、昆布やわかめなどの海藻類などです。
サプリメントなどでも摂取することは可能ですが、取り
すぎると下痢になってしまうので注意してください。

 

 

腸内の善玉菌を増やす
腸内に住んでいる善玉菌は、酢酸や乳酸などの酸を
作り出します。この酸は、腸壁を刺激して大腸の動きを
活発にします。すると、便が腸内に留まる時間が短く
なるため、柔らかいうちに肛門まで運ばれます。

 

 

また、体は刺激物である酸を薄めるために腸内の水分を
増やします。この水分によって、便は柔らかくなります。