便意が無い

便意を取り戻す方法|一週間出なくてもトイレに行きたくならない

便意が無くなってしまった症状は、便秘がかなり重症化
していることをあらわしています。腹痛や膨満感、吐き気
様々な体調不良が出ていると思います。このような状態
では、どうしても下剤に頼らざる得ないです。

 

 

下剤に頼りながら、腸の動きを活発にして、便意を
取り戻し、症状を改善していくことが必要です。
ただし、下剤選びは慎重に行ってください。間違った
下剤に頼ってしまうと症状が悪化することがあります。

 

 

一般的に売られているアロエやセンナ、大黄を成分と
する下剤は避けてください。副作用が強く、依存症に
なってしまう危険性があります。お勧めの下剤は、酸化
マグネシウム、新レシカルボン坐剤、防風通聖散です。

 

 

酸化マグネシウム
マグネシウムには便に含まれる水分を増やす作用が
あります。この作用を利用した下剤が酸化マグネシウム
です。お腹に溜まった便を柔らかくすることで排便を
スムーズにします。

 

 

この下剤は、古くから使われ安全性も確認されています。
依存症にもなりにくく、作用も穏やかなので、妊婦さんや
小さいお子さんにも病院から処方されることがあります。

 

 

新レシカルボン坐剤
新レシカルボン坐剤をお尻から入れると、腸の中で
炭酸ガスが発生します。このガスにより腸が刺激されて
排便が促されます。ガスにより腸の刺激は、通常の
排便に近い形なので、副作用もほとんどなく安全です。

 

 

防風通聖散
便秘に効果がある漢方の1つです。色々な成分が
配合され、排便を促してくれる漢方です。成分の
中には、大黄が含まれていますが、その量は少ない
ため、副作用も最小限に抑えられています。

 

 

 

食事療法
便秘に良いと言われる水や食物繊維はしっかり取ることが
必要です。排便がスムーズな便を作ることが出来ます。
また、オリーブオイルやオリゴ糖も便秘には効果的です。
オリーブオイルは小腸を刺激し、オリゴ糖は腸内環境を
整える働きがあります。

 

 

食事内容も大切ですが、朝食を取ることも忘れないで
ください。朝は、腸がもっとも活発に動きます。このとき、
お腹の中に食べ物を入れて、腸を刺激することは有効です。
少し早めに起きて、ゆっくり朝食を取るようにしてください。

 

 

運動とマッサージ
ウォーキングなど軽い運動は、腸を刺激して動きを
活発にします。軽いという点がポイントで、激しい
運動では内臓が緊張してしまい、逆に腸の動きを
抑制してしまう可能性があります。

 

 

また、お腹周りのマッサージも有効です。マッサージに
より、腸が刺激を受けて、動きが活発になります。
おへそを中心に、「の」の字を描くように手のひらで
さすって下さい。力を入れずリラックスした行うのがコツです。

 

 

 

ウォシュレット
ウォシュレットで肛門の周りを刺激すると、肛門の近くに
溜まっている便が排泄されやすくなります。しかし、刺激
しすぎると肛門付近が皮膚炎になってしまうことがあるので
1回30〜60秒、1日1〜3回を目安に行ってください。