ヨーグルトを食べても便秘が改善しない

ヨーグルトを食べても便通が良くならない|便秘には効かない?

便秘に良い食べ物として、よくヨーグルトが上げられますよね。
ヨーグルトの中には、腸内環境を整える善玉菌の1つである
ビフィズス菌がたくさん含まれいるからです。

 

 

腸内には、100種類以上の腸内細菌が住んでいます。その中には、
便通を良くする善玉菌と悪くする悪玉菌がいます。つまり、
ヨーグルトを食べることで腸内の善玉菌を増やして、便通を
改善するという理屈です。

 

 

しかし、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌(善玉菌)は大腸の
前に、胃を通過しなくてはいけません。この胃の中では食べ物を
消化する、菌を殺菌する胃酸が分泌されます。

 

 

この胃酸によって、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌はほぼ
死滅してしまい、生きたまま腸に届きません。もし、腸に
届いたとしても、腸はビフィズス菌を異物とみなして、すぐに
排泄してしまいます。

 

 

このような理由から、ヨーグルトを食べてもなかなか便秘が
改善されないのです。ただ、ヨーグルトの食べ方を工夫すると
効果を上げることも出来ます。

 

 

ヨーグルトの効果を食べ方

まず、胃酸については、食べ物を食べたり、飲み物を飲むことで
薄めることが出来ます。つまり、ヨーグルトを食後にたべることで、
胃酸によって殺されてしまうビフィズス菌を減らすことが出来ます。
特に、腸が活発に動く朝食の後が効果的です。

 

 

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌が、腸から異物とみなされ
すぐに排泄されてしまうことについては、定期的に食べることで
対応できます。排泄されてしまうのはどうしようもないので、
定期的に食べて、腸の中の善玉菌が多い状態を作ります。

 

 

まとめると、ヨーグルトは毎朝、朝食を食べた後に食べることで
効果を上げることが出来ます。さらに、ヨーグルトに砂糖ではなく
オリゴ糖をかけることで効果を高めることが出来ます。