吐き気をともなう便秘を治すには

便秘が原因で吐き気|悪化して嘔吐してしまう前に解消するには

長期間、排便できないと腸の中が排泄物で一杯に
なってしまいます。すると、食べたものが胃から腸に
送ることが出来なくなってしまいます。すると胃も腸も
パンパンになってしまい、吐き気をもようおします。

 

 

このような状態になってしまったら、食事は控えたほうが
良いです。まずは、便を出して、胃と腸に空間を作る
必要があります。便が出るまでは、水分補給をしっかり
しながら、消化が良い果物を食べるようにしましょう。

 

 

便を溜め込まない方法
1.忙しくてもしっかりトイレに行く
トイレに行きたくなっても、忙しいから後回しにしてしまう
ことはないですか?このことが何回も続くと、腸は鈍感に
なってしまい、便意が起きにくくなります。便秘で吐き気が
起こるのはかなりの重症なので、仕事中でもすぐにトイレに
行ってください。

 

 

また、毎朝、便意が無くてもトイレに座ってください。
毎日、同じ時間にトイレに入ると、体の中に排便習慣が
作られ、排便しやすい状態になります。特に、朝は大腸が
活発に動く時間帯なので、少し早めに起きて、トイレに
座ってください。

 

 

2.ストレスを溜め込まない
大腸はリラックスしている時に、活発に動きます。逆に
ストレスが溜まると、大腸は緊張し、動きが鈍くなります。
趣味をしたり、軽い運動をしたり、お風呂にゆっくり
浸かったりして、ストレスを発散してください。

 

 

3.食生活に気をつける
肉を控えて、食物繊維の多い野菜、海藻、果物などを
しっかり摂ってください。肉を多く取ると、腸内環境が
悪くなり、腸の動きが鈍くなります。逆に、食物繊維には
腸内環境を改善する働きがあります。

 

 

4.腸の動きを活発にするマッサージ
お腹を優しく擦ると、腸が刺激されて動きが活発に
なります。腸の中にたまったガスを排泄させるのにも
有効です。
大腸の動きを促すのの字マッサージのやり方

 

 

5.腸内環境を整える
腸内には、善玉菌と悪玉菌が住んでいます。善玉菌を
増やすことで、腸内環境は整い、腸の動きが活発に
なり、排便が促されます。善玉菌を増やすために有効な
食べ物はオリゴ糖です。

 

オリゴ糖の働きで大腸の動きを促したいときは