排便をしたら肛門から出血があった

肛門から出血|お尻を拭いたティッシュに血が付いてしまったら

便秘気味で、さらにティッシュ付いた血が鮮血であれば
痔の可能性が高いです。便秘気味だと便は硬くなって
いるので、便が肛門を通る際に傷をつけてしまったことが
考えられます。

 

 

また、内臓系の病気であれば、血は鮮血ではなく
黒っぽくなっています。肛門付近からの出血であれば
血は真っ赤なまま、肛門から遠い内蔵からの出血は、
黒く変色しています。

 

 

便秘になると便が硬くなってしまったり、便が大きく
なってしまうことで、肛門に負担がかかり、痔になって
しまいます。痔になると排便時に激痛を伴うことが
あります。

 

 

痛みを避けるために排便を我慢してしまい、便秘が
悪化してしまいます。すると、便はますます大きく、
硬くなってしまい、痔も悪化してしまいます。

 

 

痔の悪化を防ぐためには、便秘を改善することが
欠かせません。便秘を改善し、便を柔らかくする
ことで、痔への負担を減らすことが出来ます。

 

 

便を柔らかくして、肛門への負担を減らすには

便を柔らかくするためには、便に含まれる水分を増やす
ことが必要です。そのためには、まずは水分摂取が
欠かせません。

 

 

体内の水分が減ると、便からも必要以上に水分を吸収して
しまうため、便は硬くなってしまいます。1日1.5リットルくらいの
水分摂取が必要です。コーヒーやお茶、アルコールは利尿
作用があるので避けて、水やノンカフェインのお茶を飲みましょう。

 

 

また、食物繊維も欠かせません。特に、海藻類や果物などに
含まれている水溶性食物繊維が有効です。このタイプの
食物繊維は、水に溶けるとゼリー状となるため、便を柔らかく
保つ作用があります。

 

 

腸内の善玉菌を増やすことも欠かせません。善玉菌が
増えると大腸の動きが活発になります。すると、便が大腸の
中に留まる時間が短くなるため、柔らかいまま排泄することが
出来ます。