お勧めの便秘薬はどれ?

お勧めの便秘薬は?|腹痛などの副作用が少ないものを使いたい

便は出さずにいつまでも腸の中に入れておくことは
キケンです。これを改善するために薬に頼ることも
必要です。ただし、薬は便秘を根本から治すもの
ではなく、生活習慣を変えることが欠かせません。

 

 

便秘薬(下剤)には色々な種類があり、効果も
副作用も異なります。軽い便秘なのに効果が強く、
副作用も強い便秘薬を使ってしまい、逆に症状が
悪化してしまう人もいるので注意してください。

 

 

便秘薬(下剤)の種類

大腸刺激性下剤
大腸の粘膜を直接刺激して便を出すタイプの薬です。
成分は、アロエやセンナ、大黄といったもので、市販
されている下剤の約70%がこのタイプです。

 

 

効果が強く、即効性があるので、緊急用に短期間
使うのに向いています。しかし、常用してしまうと
下剤の刺激がないと大腸が動かなくなってしまい、
下剤が手放せなくなるので注意してください。

 

 

小腸刺激性下剤
小腸を刺激して便を出すタイプの薬です。成分は
ヒシマ油、オリーブオイルです。小腸は下剤の副作用が
起こりにくいので、長期間使うことが出来ます。薬では
なく、オリーブオイルをパンなどにつけて食べても同じ
ような効果を得ることが出来ます。

 

 

大腸刺激性下剤の副作用で、大腸の動きが低下
している人に使うことがあります。小腸刺激性下剤を
併用することで、大腸刺激性下剤の量を減らして
大腸の動きを復活させます。

 

 

塩類下剤
便に含まれる水分量を増やして、便を柔らかくし、排便を
スムーズにします。成分はミネラルウォーターなどに含まれる
マグネシウムです。薬の名前は酸化マグネシウム、商品名は
ミルマグやスイマグなどがあります。

 

 

副作用や癖になることがほとんどなく、効果も優しいので
妊婦さんでも使うことが出来ます。便が硬くなり、排便が
スムーズではない人に向いています。便が柔らかくなるので
痔への負担を減らすこともできます。

 

 

漢方
漢方は、いくつかの生薬を組み合わせている薬です。中でも
便秘に効果があり、副作用が少なく使いやすいのが
麻子仁丸と防風通聖散です。成分には、大腸刺激性下剤に
使われている大黄やセンナなども含まれていますが、その量は
少ないため副作用も最小限に抑えられています。

 

 

普段は、薬を使っていない人は、緊急用としても塩類下剤や
漢方を使うことをお勧めします。

 

 

浣腸や座薬
トイレを我慢したり、下剤を常用することで便意が起こらなく
なってしまうことがあります。そんな症状に効果的なのが浣腸や
座薬です。薬が肛門に近い腸の粘膜を刺激することで、
便意を引きこし、排便を促します。癖になりにくい薬です。