便が残っている感じがするときは

残便感があるのに出ない|臭いおならばかり出てしまうときは

排便したはずなのに、なんだかスッキリしない、肛門の奥に便が残っているような感じがするこのような感覚を残便感といいます。残便感が残ってしまう原因は、色々と考えられますが、コロコロした便が出る、ときどき下痢になる症状があるのであれば、けいれん性便秘の可能性が高いです。

 

 

便秘と一言で言っても、大きく3つに分かれます。直腸性便秘、弛緩性便秘、けいれん性便秘です。中でも男性がもっともなりやすい便秘はけいれん性便秘です。

 

 

直腸性便秘

肛門の近くまで便が来ているのに、便意が起こらないために便秘になってしまいます。何度もトイレを我慢してしまうと、便意が起きにくくなってしまいこのタイプの便秘になってしまいます。忙しくてトイレにゆっくり入らない人や痔で肛門が痛く、上手く排便できない人がなりやすいです。

 

 

弛緩性便秘

大腸の運動機能が低下してしまうため、便秘になってしまいます。お腹周りの筋肉が弱い高齢者や女性、男性でも運動不足で筋肉が低下している人がなりやすいタイプの便秘です。

 

 

けいれん性便秘

大腸の動きは、自律神経がコントロールしています。強いストレスや長い間ストレスがかかると自律神経が乱れます。その影響で大腸の動きも乱れてしまいます。過剰に動いてしまい下痢になったり、動きが鈍くなり便秘になってしまいます。

 

 

大腸の動きが低下しているときは、スムーズに排便できないため、トイレが終わっても『なんかスッキリしないな〜』という感じがします。また、大腸の中に残った便は、時間と共に腐敗が進むので、臭い有毒ガスが発生し、オナラも便も臭くなります。

 

 

けいれん性便秘を治す方法

このタイプの便秘を治すためには、ストレスを溜めないことです。ただ、ストレスの多い現代社会で、ストレスを感じないのは難しいと思います。なので、ストレスが溜まったら、しっかり解消することが大切です。

 

 

趣味をしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、しっかり睡眠をとってください。ストレスがなくなりリラックスできれば、徐々にスッキリ出来るようになるとおもいます。また、食べるものにも注意してください。

 

 

腸の緊張が高まっているので香辛料や炭酸、アルコールなど刺激物は避けたほうが良いです。便秘に良いとされる食物繊維ですが、けいれん性便秘のときは避けたほうが良い種類の食物繊維があります。

 

 

食物繊維は、意外と知られていないのですが不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。けいれん性便秘のときは、不溶性食物繊維を控えて、水溶性食物繊維を多めに摂ってください。

 

 

不溶性食物繊維は、キャベツやゴボウなど野菜や根菜に多く含まれています。この食物繊維は、硬く、水に溶けないので大腸を刺激します。この刺激により便秘が改善されるのですが、腸の緊張が高まっているけいれん性便秘のときは、刺激が腹痛の原因になってしまうことがあります。

 

 

水溶性食物繊維は、ワカメやヒジキなどの海藻類、リンゴなどの果物に多く含まれています。この食物繊維は、水に溶けてゼリー状になるので、大腸を刺激しません。また、便に含まれる水分を増やして柔らかくしてくれるので、けいれん性便秘のときでも効果的です。

 

 

さらに、どのタイプの便秘解消にも効果的な方法が、腸内環境を整えることです。大腸の状態が良くなれば、お通じはスムーズになり、スッキリ出来るようになります。